レス・ウェイスト・ゲーム

ゴミと無駄を減らして身軽に自由に。ものぐさライフログ。

ラインマーカーも脱プラスチック?【クーピーマーカー使用レビュー】

つい先日まで、蛍光ペン片手に試験勉強に励んでいました。
蓋の開け閉めをしなくていい、無印良品のノック式蛍光ペンを、以前から好んでリピートしていたのですが、脱プラに取り組み始めてからこっち
「さて、この子が使えなくなったら今後はどうしようかな?」
というのが、地味に悩みの種でした。

そんな折、コワーキングスペースで偶々手に取った日経ウーマン。

「付録はムーミン万年筆か……万年筆なら持ち運ぶ用にもう一本あってもいいし、買っちゃおうかな」などと相変わらずぐずぐずな物欲を溢れさせつつ、パラパラと紙面をめくっていたら、目に飛び込んできたのは文具特集。
そこで、お目当てのものとの出会いがありました。
使用感はどんな感じか? 本日はその感想をまとめてみようと思います。

サクラクレパスの「クーピーマーカー」

見つけたのは「クーピーマーカー」。
幼かりし頃、お絵かきでお世話になりまくったクーピーが、ラインマーカー用にカスタマイズされたもののようでした。

気になってあちこちのお店を覗いてみたのですが、まだあまり広まっていないのか、残念ながら実店舗では遭遇できず。
仕事の本を購入するついでに、Amazonで注文してみました。

「クーピーマーカー」の使い心地はいかが?

そして届いた実物がこちら。

蛍光ペンと比べてもこの通り、しっかりとしたサイズ感で、結構長持ちしてくれそう。
やや太めの三角形が手にしっくりと馴染んで、握り心地は◎。
基本は3色セットで、豊富なカラーバリエーションの中から、私はレトロを選びました。
あたたかいコーラルピンクと、ターコイズブルーのシックな雰囲気が大層好みです。

手に取るまでは、クーピーや色鉛筆に近い書き心地を想像していたので、
「ラインマーカーっぽく使おうとしたら、何回もペン先を走らせなきゃいけなくて結構面倒くさいかも……」
と懸念していたのですが、スミマセン、やはりそれ用の製品として売り出しているだけはありました。

蛍光ペンのように、ペンを一直線に引くだけ、とはいきませんが、ささ、と1、2秒ペンを紙に走らせれば、こんな感じ。
ペンと紙の接地面が広く、何より、通常のクーピーよりも柔らかく作られているようで、軽い筆圧でしっかりとしたマーキングができました。
色合いも、強調したい文字をきちんと際立たせてくれるもので、なるほど、これはクーピーや色鉛筆では代用できないなぁ、という感じ。

それでは、クーピーマーカーは蛍光ペンの代わりになり得るのか?
現時点での個人的意見は、「Yes!!」です。

クーピーマーカーの良いところ ① プラスチック・スマート

まず、そもそもの目的だった、「プラスチック・スマートなラインマーカー」としての立ち位置。
これは中々いい線いってると思います。
パッケージこそプラスチックですが、クーピーマーカー自体には特別な付属物はなし。
余計な台紙もなし。
ミニマムで可愛いパッケージは、そのまま持ち歩き時の入れ物として役に立ってくれます。

透明でパッと見開け口がわかりにくいので、マスキングテープで引っ張り代を作ったら、大変使いやすくなりました。

蛍光ペン3本と、クーピーマーカー3色セットを比べれば、最終的に出るプラスチックごみの量では、クーピーマーカーの方が圧倒的に少ないですね。
(しかも、パッケージならプラスチックごみとして回収可能です♪)

クーピーマーカーの良いところ ② 消しゴムで消せる

これも、蛍光ペンには真似できない特徴。
クーピーはペンや色鉛筆と違って、紙表面の凹凸にほとんど浸透しないので、消しゴムで綺麗に消すことができます。
勢い余って強調するつもりのなかったところにまでラインを引いてしまったとき、これまではテンションだだ下がりの状態で受け入れるしかありませんでしたが、クーピーマーカーなら綺麗に消せます!
これはホント嬉しかった。

失敗をチャラにできるっていいね。

クーピーマーカーの良いところ ③ 裏写り、色移りしない

使い心地の点で言えば、裏写りの心配がないので、辞書などの薄い紙にも使いやすいです。
私は以前ほぼ日手帳を使っていたことがあったのですが、1日1ページの手帳は紙が薄いので、文具選びには結構気を使った思い出があります。
クーピーマーカーはその点で、手帳作りなどに気合を入れている人にもオススメしやすいアイテムだな、 と思いました。
ミスっても消せるしね。(まだ言ってる)

クーピーマーカーの良いところ ④ キャップの開け閉めが不要

これは完全に個人的な好みですが、めちゃくちゃポイント高かったところです。
私、昔から蛍光ペンの蓋を「カチ」と閉めるときの、あの振動が超絶苦手で。
蓋を開けっぱなしだと乾いてしまうから、使う度に閉めるけれど、またすぐ使うから、1日に何度もカチッ、カチッ、カチッ……
繰り返す内に、段々手首が痛くなってきて、苦手な音に気分も悪くなってきて……
無印良品のノック式のものに変えてからは大分マシになりましたが、あのノックも決して得意というわけではありませんでした。

なのでクーピーマーカーの、そのまま転がしておいて、ひょいと手に取ってすぐに使える感じが、もう嬉しくて嬉しくて。
しっくりとやわらかく手に収まる握り心地のやさしさと相まって、すぐに大好きになりました。(単純)

蛍光ペンの方が強いところ ① ビビットな色

とはいえ、やっぱり蛍光ペンの方が強いよね、というところもあります。
第一は色。
私が実際手に取って使ってみたのはレトロの3色のみですが、クーピーマーカーの色味はやはり全体的にやさしめだと思います。
個人的には、その目にやさしい感じも好感ポイントですが、ビビットな色味で強い印象付けを期待する人には、いささか物足りない製品かも知れません。

蛍光ペンの方が強いところ ② 筆記スピード

そして第二は、やっぱり速さ。
クーピーペンシルの書きやすさも、中々いい線いってると思いますが、短時間で多量の書類にマーカーを引かなければいけない業務などでは、作業スピードは間違いなく数段落ちます。

量をこなさなければいけない単純作業の場合は、今のところやはり蛍光ペンの圧勝。
クーピーペンシルはどちらかというと、内容を確認しながらじっくり判断してラインを引いていく、腰を据えて取り組む作業にフィットする印象です。
なので、勉強・アイディア整理など、思考重視のワークに取り組んでいる人にオススメしたいです。
書き直しもできるしね。(しつこい)

そして、やっぱり蛍光ペンじゃなきゃ……という方も、インクを使い切った後は、本体ではなくリフィルの購入を検討してみて下さい。
ささやかな工夫でも、気にする人が増えれば徐々に大きな変化に繋がっていくんじゃないかな、と思います。

まとめ

そんな感じで、大きな期待はせずに買ったクーピーマーカー。
使ってみた感想としては、思っていたよりいい感じ!
単純な私はすっかり好きになってしまいました。
ちょうど、蛍光ペンのイエローがカスッカスでもう頑張れない感じになってしまった(もはやエタノール染ませても復活しないレベル)ので、イエロー中心に早速グイグイ活躍してもらっています。

身の回りのものをエコフレンドリーなかたちに整え直して行くとき、一番大事なのは「これは本当に必要かな? 手持のもので代用できないかな?」という、ものを増やし過ぎないための視点だと思います。
けれどこういう出会いがあると、新しいものに対するアンテナを張っておくこともまた、時には大事なんだなぁ、と思いますね。

これからも、良き生活のお供との出会いに期待したいものです。