レス・ウェイスト・ゲーム

ゴミと無駄を減らして身軽に自由に。ものぐさライフログ。

散らかったときこそチャンスです【暮らしの見直し】


ご無沙汰しております。
相変わらず小忙しくしているものの、大きな用事がひとつ片づいてほっと一息。
ブログもまたマイペースに続けていきたいな、と思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

生活の中に余計なものは取り込まないようにしているつもりだけれど、何某かのイレギュラーがあるとすぐに散らかってしまう我が家。
ある程度のベースはあるので、リセットするのはすぐなのだけれど、考えてみると、ここでじっくり分析してみるのも大事かも、と気づきました。
家が片づかない理由も、散らかるきっかけも人それぞれ。
なら、久しぶりに家が散らかった時こそ、自分の苦手ポイントを知るいい機会だよね。
なんてことを思ったわけです。

「散らかる」て具体的にどういうこと?

「あー、散らかってんなぁ」と感じるとき。
我が家では大体、目に見える「面」が少なくなります。
床の上や机の上、ベッドの足元のスペースなんかが、置きっぱなしのもので埋まっていきます。
床面が見えてないとロボット掃除機も動かせないし、ほうきがけもし難くなるから、普段は綺麗な床の上に、髪の毛やほこりが落ちているのが気になるようになったり。

床の上にものが堆積し出したら黄色信号。汚部屋に変貌を遂げるのには、いくらもかかりません。

どうして散らかるの?

私は昔から超のつく面倒くさがり屋で、出しっぱなしの名手でした。
ちょっとでも「面倒くさい……」と思ってしまうと、もうダメ。
そこで思考停止して、持っていたものをその辺にぽーんと放り出して記憶の向こうにもぽーんしてしまっていました。
そして出来上がる魔窟……

そんな魔窟ライフでの豊富な経験から学んだこととして、片づけのネックになる「面倒くさい」には、大きく分けてふたつの要素があることを知りました。

ひとつは、片付ける作業自体の面倒くささ。
たとえば、毎日履く靴が、クローゼットの天袋の上の段に仕舞われた靴箱の中に緩衝剤に包まれて収納されていたらどうでしょう。
取り出す途中でイラッときて箱ごとぶん投げ……るかは個々人の気の短さ加減によりけりかもしれませんが、ここに仕舞う作業が毎日続けられる人は、はたしてどれだけいるでしょう。
履いて帰ってきた靴。
当然汚れもついているし、汗も吸っています。
綺麗に拭いてしっかり乾かして、厳重に包んで箱に仕舞って天袋に片して。
寝て起きたらまた天袋から出す。

いや、普通に無理やろ。

これは極端な例ですが、繰り返し行う必要のある作業ほど、動線に無理があると続きません。
なので、よく使うものほど、片づけやすい配置や収納を心がける。
これ、鉄則です。

まぁ、この辺は散々改善を繰り返してきたので、完璧とは言わないまでも、大分自分向けにカスタマイズされてきています。
問題はもうひとつの方です。

ふたつ目は、「判断すること」の面倒くささ。
たとえば、短時間着ただけでさほど汚れていない服を、洗濯するのか、どこかに収納するのか、どこに収納するのか、とか。
捨てたらもう手に入らないけど、今後使うか分からないし、場所も取るし、という資料を、どう処理するのか、とか。
突発的に貰った、普段使わない加工食品を、どこに片してどう管理・消費していくか、とか。
目の前にした時、すぐに次の行動を決められなくて、それを処理するために考えたり準備したりする必要があるもの。
こういった、普段の生活の中で扱いの定まっていないイレギュラーが、強敵です。

そして今回、我が家のリビングを散らかしていたのも、正にこのイレギュラーたちでした。

何が散らかっていたの?

では、具体的に何が散らかってるのいたのか。
アイテムとしては、本当になんの変哲もないものだったりします。

① 服

汚部屋時代にも度々床を埋めていたお洋服。
今回もやはり、床の上には服の小山ができていました。
しかし以前と違うのは、それが普段着ない服であったこと。
講演会や演奏会の登壇のためにレンタルして「でも、返す前にもう一回くらい着られそうだなぁ」というオシャレ着。
久しぶりに袖を通して一日中着て、「汗を吸ってるかもしれないけど、目立った臭いや汚れはついてなくて、すぐにクリーニングに出すのが果たして適当なのか……でも次着る予定は未定だしなぁ」なスーツ。

いずれも、普段着る私服の導線上に収まりどころがなくて、どうしたもんか……と考えて決めあぐねた結果、手近な段ボール箱に軽く畳んだのをポイポイ放り込んでそのままにしていました。

でも、そのままその箱から取り出すことなく数日が経過したので、これを教訓に今後、イレギュラー服の扱いも自分の中でマイルールを決めてしまった方がいいな、と思いました。

どうするか扱いに迷った服は、洗って収納する。(レンタルなら返却する)
取り敢えず当面は、これでいきます。

② 紙類

持ち帰るように言われた試験問題。
演奏会で使った書き込みだらけの楽譜。
演奏会や講演会のパンフレット。
その他いただいた諸々の資料。

普段、なるべく余計な紙ものは家に入れないようにしているのですが、何某かのイベントがあるときはそうもいきません。
しかも、後々お世話になった方に連絡を取ったり、仕事を頼まれたときの資料として必要になるものも紛れ込んでいたりするので、安易に全捨て、というわけにもいかない。
結局、一度目を通して仕分けして、必要なものは極力電子化して保存。
という流れにしていますが、これが中々面倒くさくて……
大学の終わり頃にScanSnapを買ってから、めちゃくちゃ短時間で処理できるようにはなりましたが、問題は腰の重さ。

↑ 原稿セットしてボタン押したら自動で両面どんどんスキャナしてくれるやつ。2012年に買ったけどずっと使ってる……便利過ぎる無理……

特に当日は帰ってきて速攻、泥のように眠りにつくことも少なくないので、散らかり予防として有効なのは、一時置きの定位置を決めておくことなのかな、と思いました。

というわけで今後は、デスクの横に紙袋をぶら下げて、そこに未処理の書類をガンガン突っ込んでいくことにします。
そして溢れる前に、毎日コツコツ処理。
このとき、不用意に収納用品を買わないことは、地味に大切なポイントだと思います。
こういう一時置きスポットは、生活の変化によって必要度も変わるので、下手な収納用品はゴミの元。
まずはあるものでシステム構築して、実際に運用しながら最適化していくことをオススメします。

③ 贈り物

手渡しのものも配送されてくるものも、贈り物は多くの場合、不意打ちです。
しかも、自分がほしくて受け入れの準備をしていたものではないので、家の中にそのものを受け入れるか、受け入れるならどこを居場所にするか、考える必要があります。

とはいえ、気心の知れた友人からの贈り物は、ある程度こちらの生活にフィットしたものを選んでくれているので、特段の齟齬もなく受け入れられることがほとんどです。
問題は、自分に合わない贈り物。
自分以外の人に使ってもらえそうなものなら、フリーマーケットや寄付で人に譲るのもありですが、難しい場合はゴミとして処分することも考えなければいけなくなるので、気の重い話です。
こういうものは処分に時間がかかるので、家の中に何でも仮置きできる余白を持っておくことも大事なのかな、と思いました。
でも、仕舞っぱなしだと忘れてしまうので、クローゼットの中などよりは、毎日目につくところに定位置を決めておくと良さそうですね。

我が家の場合、「いらない」と繰り返し伝えても不用品を送ってくる母がいるので、これが少なからぬ難敵です。 昔のように「直して使いなさいよ」といって、壊れた調理家電や破れた服を送ってくることこそ無くなりましたが、とはいえ中々に厄介な作業です。
やれやれ。

まとめ

と、言うわけで。
散らかっていた服を片して(レンタル服は返却。スーツはクリーニングには出さず、ひとまずスチームを当ててハンガーへ)、紙類を紙袋にざっくりひとまとめにして、不意打ちの宅配便は中身を確認した後、箱ごと玄関にドーン。
結局、リビングは30分足らずですっきり普段通りの状態にリセットできました。

けれど、日々の生活にはイレギュラーと変化がつきもの。
きっとまたすぐに、散らかる時がやってくるんだろうなぁ、と思います。
そろそろ年末だしねー。

でもそういう時こそ、自分の苦手ポイントや面倒くさいポイントを発掘するチャンス。
同じ面倒くささを繰り返さないために、その都度その都度、楽に動けるシステム作りをしていけたら、それが少しずつ、無理なく片づく部屋づくりにつながっていくのだと思います。

部屋が散らかるのは当たり前。(少なくとも私にとっては)
昔は「片づけたのに、こんなにすぐに散らかっちゃうなんて……」と毎度落ち込んでいましたが、最近は、「散らかす度に新しい気づきを得てちょっとずつ改善できてるから、まぁオッケーだよね」と、何とも脳天気な思考回路に変化しました。

これもある種の成長ってやつかしら?(知らん)