レス・ウェイスト・ゲーム

ゴミと無駄を減らして身軽に自由に。ものぐさライフログ。

コーヒーフィルター考

どうも、コーヒー大好きむるまです。
人から「コーヒー好きなの?」と訊かれると、なぜか決まって「いやぁ、人並みだよ」と謎の身分隠しをしてしまうのだけど、事実そのままを述べるならばたぶん好きよりの好き。

夜中にコーヒーフィルターを切らしているのに気づいてしまった日には、割と冗談抜きで発狂しそうになるし(コーヒー豆を切らすことはあり得ないので、そこは大丈夫)。
コーヒーミルを毎回洗って常に新鮮で美味しいコーヒーを飲みたい気持ちと(粉が残っていると酸化した豆の匂いがうつるので)、ミルが乾く前にコーヒーを飲みたくなったらどうすればいいんだ! という葛藤は常に激しくせめぎ合っているし。

まぁ、胃を荒らしてる時などは、意識的にコーヒー飲まないようにして数日過ごしたりすることもできているので、身体的な中毒というより、精神的な依存なんだろうな、これは。

と、そんな物思いはさて置いて。
最近、コーヒーのステンレスフィルターが気になっている。

もともと私はペーパードリップ派で、それは単純に、子供の頃から実家で飲んでいたのがペーパードリップのコーヒーだったからなのだけれど。

↑うちの実家ではこういう、カリタのドリッパーを使っていた。 台形のペーパーフィルターを入れて使う、よくあるタイプのドリッパーで、ひとり暮らしを始めたときも、古くなったこれをお下がりで貰い受けて使い続けていた。

ちょっとした変化が訪れたのは5年前。
ロフトに立ち寄った際に、KINTOの円錐型のドリッパーを見つけた。

KINTOのブリューワー
ミニマムなデザインに一目惚れして、人生でほとんどしたことのない衝動買いをした。 専用のペーパーフィルターは買わず、家にあった普通のフィルターを、ちょうど良いサイズになるように折って使ったのだけれど……驚いた。
味が全然違った。
スムーズに湯が流れ落ちる円錐型のドリッパーで淹れたコーヒーは、いつも通りの豆と水とフィルターなのに、いつもよりもずっと雑味がなく香りの良い飲み物になっていた。
しかも、蒸らし加減の調整も自分の思うようにしやすくて、気分に合わせた味の変化が楽しめる。
美味しい。
何より、楽しい。

このドリッパーで淹れたコーヒーの味と、このドリッパーの無駄がなく、けれどやわらかみのあるやさしいフォルムが大好きだ。

実はロフトに立ち寄ったとき、このドリッパーよりも目立っていたKINTOの商品はこっちだった。

ステンレスフィルターとカラフェのセット
何ともスタイリッシュなデザイン。
ステンレスフィルターはペーパーフィルターと違って、コーヒー豆の油分が吸い取られることなくそのまま流れ落ちるから、よりまろやかな旨味が楽しみやすくなる。
何より、コーヒー豆以外のごみが出ない。

けれどその当時は、コーヒー豆の処分が大変だな。と感じて手が出なかった。
加えて実は最近まで、私はコーヒー滓の入った使用済みのフィルターを、生ごみの処分に使っていた。
乾いたコーヒー滓とペーパーフィルターでごみ受けネットを包んで、それを更にビニール袋に入れて捨てる。
それが当時の私なりの、臭いが気になりにくい悪くない生ごみの処分の仕方、だった。

でも最近は、ごみの処分方法を変えたことで、「使用済みのペーパーフィルターを用意する必要」がなくなった。
そう、ここにきて、
「ステンレスフィルターを使って一段と美味しいコーヒーを楽しめる」
  かつ
「毎日ペーパフィルターごみを出さなくてよくなる」
生活が、いつの間にか無理なくてを伸ばせるものになっていたわけである。

f:id:murr-ma:20190816215648j:plain
ただやっぱり、いま使っているこのドリッパーも大好きなのだ。
手にした心地が好きで、とても愛着がある。

なので、いましばらくは残ったペーパーフィルターを消費しつつ、悩んでいようと思う。 いよいよ新しいペーパーフィルターを買わなければいけなくなったときに、今までと同じくペーパーフィルターを買うか、ステンレスフィルターを買うか……
うーむ、悩ましい。


【追記】
後日、紙フィルターと同じ感覚で使えるステンレスフィルターを発見しました!
いま使っている紙フィルターがなくなるまでに、入手してみようと思います。